写真屋さんに行って撮影しよう

近所の写真屋さんを探そう

写真屋さんといっても、証明写真を得意としている人に任せないといけません。
カメラマンには、向き不向きがあります。
イベントの時の記念写真を得意としているカメラマンがいるので、そのような人に証明写真を任せないでください。
また撮影してくれるのが、本当にプロのカメラマンなのかチェックしましょう。
時々、プロ以外が撮影を担当する写真屋さんが見られるので気を付けてください。

カメラマンが在籍していて、証明写真を得意としているなら問題ありません。
適当に写真屋さんを選択すると、高額なお金を支払ったのにあまり良くない写真になってしまいます。
無駄な出費にならないように、きちんとカメラマンの情報を調べてから依頼しましょう。

安い価格で済ませる方法がある

なるべく安い価格で、証明写真を撮りたいと考えている人がいると思います。
もし許されているなら、簡易的な撮影機を利用してください。
プロのカメラマンに依頼すると、安くても5000円ぐらいの金額になってしまいます。
しかしスーパーやコンビニの出入口に設置されている簡易的な撮影機だと、6000円から800円で済ませることができます。

学校や会社によっては、どのような場所で証明写真を撮影しても良いという決まりになっているところが見られます。
それなら簡易的な撮影機を利用しても構わないので、近所のスーパーやコンビニに入ってください。
すぐ撮影できるという部分も、メリットになります。
早く準備しなければいけない人も、利用してください。


このPostをシェアする