笑顔で好印象に見せよう

無表情にならないよう気を付ける

証明写真は、笑顔で撮るのが良いと言われています。
無表情では、怖い印象になるので採用されにくくなります。
口角を挙げると、笑顔に見えます。
証明写真を撮る前は緊張して、表情筋が固くなっている人が見られます。
表情筋が固いと、上手く笑うことができます。
撮影前に口を軽く動かして、表情筋を柔らかくしてください。

頬のあたりを、マッサージするのも良い方法です。
鏡を見て、笑顔の練習をして準備を整えておきましょう。
毎日数分で良いので練習すると、証明写真を撮る時にすぐ笑えます。
写真屋さんに行って撮影する時は、上手く笑えないと時間が延びます。
すると写真屋さんにも迷惑を掛けてしまうので、すぐに笑えるよう練習しておきましょう。

瞬きをしてはいけない

緊張すると、人間は瞬きの回数が多くなります。
瞬きをしている写真は、証明写真に使えません。
ガマンして、目を開いていてください。
そして、カメラの方を見ましょう。
目線がずれている証明写真も、試験のときや就職活動のときには使用できないと覚えておきましょう。

カメラのレンズを見ていれば、綺麗な証明写真を撮れると思います。
何度も目線がずれたり瞬きをしたりすると、やり直しになります。
やり直す時は、料金が発生するかもしれません。
証明写真を撮れないと、無駄な出費に繋がってしまいます。
前もって証明写真を撮る時に注意する部分を調べて、意識してください。
瞬きをしないように注意していれば、問題なく綺麗に証明写真を撮れます。


このPostをシェアする