必要な準備がいくつか決まっている

何を着て撮影すれば良いのか

これから証明写真を撮影する人は、服装を決めてください。
Tシャツにジーンズといった、カジュアルな服装ではいけません。
外見をチェックするために、証明写真を相手に見せます。
時と場合に応じた服装ができていないと、常識を疑われるので気をつけましょう。
学生は、制服を着用してください。
就活している人であれば、リクルートスーツを着れば大丈夫でしょう。

ボタンを一番上まで留めるなど、基本的なことを忘れないでください。
撮影する前に、鏡を見て身だしなみが整っているのか確認してください。
普段から制服を、少しアレンジして着こなしている学生が見られます。
すると撮影する時も普段のような格好になるので、普段からきちんと切ることを意識しましょう。

ヘアメイクを意識しよう

目をしっかり、証明写真で見せるように意識してください。
目が見えていないと、相手に悪い印象を与えます。
前髪が長い人は、撮影前に切っておきましょう。
切りたくないのであれば、ピンで留めてください。
しかし男性は、ピンで留めるのはあまり良い印象ではありません。
男性は前も後ろも髪の毛を短くしてください。

女性は、髪の毛だけ意識しないでメイクも整えてください。
目の周りをアイライナーで囲んだり、真っ赤な口紅を塗ったりするのは控えてください。
派手なメイクは、真面目でない印象を与えます。
普段派手なメイクをしている人は、ナチュラルメイクの方法を調べましょう。
つけまつ毛も控えてください。
まつげを長く見せたいなら、マスカラを使いましょう。


このPostをシェアする